中華なべ vs. フライパン:どっちを使うべき? (すべての長所と短所が含まれています) - IMARKU
Continue shopping
Your Order

You have no items in your cart

中華なべ vs. フライパン:どっちを使うべき?

中華なべとフライパンのどちらを使うべきですか?それとも、それらの間に違いはありますか?考慮すべき事項がいくつかあるため、調理器具の選択は難しい場合があります。

通常、調理できる料理の数を考えると、中華なべはフライパンよりも少し多くのことができます。この投稿では、中華なべとフライパンの使用法に関するすべてを知ることができます。そうすれば、自分のニーズに最も適したものを自分で決めることができます。では、続きを読んで詳細を確認してください。

中華なべ

1.中華なべとは

中華なべは、高く傾斜した壁と丸みを帯びた底を備えた調理器具です。その上、1 つの大きなハンドルと 2 つのサイド ハンドルがあります。中華鍋の壁が高く傾斜しているため、食べ物を簡単に投げることができます。

また、炒め物に最適で、食材が混ざりやすく、全体に均一に火が通ります。また、底が丸みを帯びているため、食材が置かれている中央に熱が集中します。

一方、高い壁がその熱を保持するのに役立ち、その結果、調理時間が非常に速くなります.この 12.6 インチのハンマー加工された Imarku 中華鍋 をチェックして、食べ物がくっつくのを防ぐのに役立つ独自の仕上げを施してください。その上、優れた熱分布広告により、炒め物のレシピに多様性が加わります.

ノンコーティングでこびりつきにくい素材で、少ない油でおいしく調理できます。この調理器具のもう1つの興味深い点は、掃除ができることです。器具は熱湯で手洗いし、乾かしてください。適切な重量、完璧なサイズ、人間工学に基づいたハンドルのデザインで、キッチンに素晴らしいアクセントを加えてくれます。

2.それは何でできていますか?

あなたの周りにあるほとんどの中華なべは、導電性が高く軽量な素材である炭素鋼でできています。さらに、鋳鉄製またはステンレス製の中華なべもあります。

鋳鉄のように機能する炭素鋼は、熱を保持できます。適切に調味すると、表面は焦げ付き防止の調理器具のようになります.

3.中華なべは何に使われますか?

中華なべ は主に炒め物に使われます。壁が高いので、そよ風をかき混ぜながら食べ物を保持するのに最適です。さらに、丸みを帯びた形状は熱をより速く伝導します。そうすれば、野菜のフラッシュフライや肉のたたきを効果的に調理するのに最適です。

中華なべを使用するもう 1 つの最大の利点は、大量の食品を準備するために使用できることです。チャーハン、フライド チキン、蒸し餃子などを作ることができます。

4. Woks の長所と短所

中華なべの長所 –

  • 中華なべは壁が高く傾斜しているため、フライパンと比べてさまざまな種類の料理を調理できます
  • 中華鍋は、蒸し、蒸し煮、揚げ物、浅揚げ、炒め物などに最適です。
  • 中華なべの良いところは、短時間で料理ができることです。食材を入れると中華なべが十分な熱を発生するので、あっという間に調理が完了します。
  • 中華なべは、IH、ガス、または電気コンロで簡単に作業できます。丸底の中華なべはガスコンロに最適ですが、平底の中華なべは IH や電気コンロに最適です。
  • 中華鍋で調理すると、食品は常に表面に接触します。食品は常に動き回るため、高温で均一に調理されます。
  • 中華なべの上で調理するとき、食品を投げたりひっくり返したりするので、食品は底の油に接触します.フライパン全体に油を塗る必要はありません。大さじ1~2杯で十分です。

中華なべの短所 –

  • 中華鍋で食べ物を調理するときに気をつけないと、食べ物が焦げてしまう可能性があります。
  • 味付けした中華なべは焦げ付き防止コーティングよりも耐久性がありますが、最終的には劣化します。また、酸性の食品はゆっくりと磨耗する傾向があります.
  • 調味料は、中華鍋のパフォーマンスを向上させるために重要です。そうしないと、食べ物が底に詰まり、炒め物がほとんどできなくなります。
  • 中華なべの上で食べ物を投げたりひっくり返したりするときは注意が必要です。鍋が熱くなりすぎるからです。使用しているオイルの煙点によっては、熱が摂氏 700 度まで上昇する場合があります。

フライパン

1.フライパンとは

焦げ目をつけたり、揚げたり、焼いたりする場合、フライパンは、人々が頻繁に選ぶことを好む最も人気のある道具です.スキレットとも呼ばれるフライパンは、側面がフレアで底が平らです。

たいていの人は、高温で焼いたり、かき混ぜたり、食品をひっくり返したり、肉を高温で焼いたりする必要があるときにフライパンを使用します。鍋の壁が低いため、熱がより早く蒸発します。

その結果、中華鍋に比べて調理時間が少し遅くなります。さらに、底が平らであるため、熱と油の両方が表面全体に均一に広がります。

中華なべとフライパンの違いについて言えば、フライパンは後者と同じように機能します。保温性が高く、自然な非粘着性があります。おそらく、Imarku の12 インチのノンスティック ステンレス スチール フライパンをチェックする価値があります。

この鍋のハニカム構造は、べたつかない層を保護し、簡単に落ちないようにします。この鍋のもう 1 つの注目すべき特徴は、最高品質のアルミニウム コアでできており、2 層のステンレス スチールで接合されていることです。

そのため、均一な分布で熱をより速く伝導し、調理時間を短縮し、煙を減らし、耐久性を向上させます。それとは別に、オーブンと食器洗い機に対応しています。この革新的なスキレットの人間工学に基づいたハンドルは、火傷防止、耐熱性、スタイリッシュで快適に使用できます。

2.それは何でできていますか?

一般的に、ほとんどのフライパンはステンレス製とアルミニウム製があります。しかし、鋳鉄と炭素鋼で作られた鍋を見つけることができます.それとは別に、非粘着性およびステンレス鋼のオプションも利用できます。

フライパンは、鋳鉄製スキレットのいくつかの品質と、焦げ付き防止の表面と優れた保温性を兼ね備えているだけでなく、ステンレス鋼のいくつかの品質も備えています。その上、それらは軽量で、すぐに熱くなるため、調理が速くなります。

3.フライパンは何に使うの?

フライパンを使えば、浅煎り、ソテー、タタキなど、さまざまな調理法ができます。要するに、デザート用の果物から朝食用の卵まで、ほとんど何でも調理できます。

野菜や肉を焼くのはフライパンの方がうまい。その上、炭素鋼のインターフェースはスモーキーな味を与え、素晴らしい焦げ目がつくのを助けます. imarku frying pan

4.フライパンの長所と短所

フライパンの長所 –

  • 肉のもろいカットを調理することを楽しみにしている場合は、フライパンを使用すると、食品を調理するのに適した食感が得られます.その上、熱すぎないため、肉がバラバラになる可能性があります。
  • ほとんどのフライパンには、フライパンを簡単にきれいにするのに役立つ焦げ付き防止コーティングが施されています。また、肉をこじ開けるのに苦労する必要はありません。焦げ付き防止のフライパンを使用しないと、ひっくり返したときに肉が焦げる可能性があります。
  • フライパンを使えば、料理を炒めるのに何度もひっくり返したりひっくり返したりする必要はありません。ある程度の監視は必要ですが、中華鍋での作業ほどではありません。
  • フライパンは、IH、電気、ガスコンロで簡単に使えます。要するに、あらゆるサイズのストーブの種類ごとにフライパンがあります

フライパンの短所 –

  • 丸底中華鍋に比べて、フライパンは加熱と調理に時間がかかる
  • さらに、フライパンは中華なべに比べて長時間熱を保持しません。
  • 中華なべよりも食材を動かさないため、フライパンにはより多くの油が必要です。オイルは、食品が置かれている領域の底全体を覆っています。

結論

中華なべとフライパンの違いは?

両者の主な違いは形状です。中華なべは側面が急勾配で底が丸くなっていますが、フライパンは側面がわずかに傾斜して底が平らです。中華鍋は熱が集中する中心に食材が集まるので、炒め物に最適です。

さらに、側面が傾斜しているため、投げやすいです。一方、フライパンでは、ソース、油、その他の液体を平らな底に均等に分散させることができます。肉を焼いたり、ステーキを調理したりするのに適した表面を提供します。

どれを使うべき?

中華なべとフライパンのどちらを使うかは、使用目的によって異なります。フライパンで炒め物を作ってみると、完璧ではないことがわかります。中華鍋でステーキを焼いたり、フライパンで揚げたりすることはできません。

したがって、どちらを選択するかは、何を調理するかによって異なります。どちらの調理器具も、特定の料理を調理する場合を除き、あらゆる料理に適しています。ただし、キッチンに両方があれば、たくさんの素晴らしい料理を作ることができます。

.

Leave a comment

Please note: comments must be approved before they are published.