Top Uses for a Boning Knife in the Kitchen

骨抜きナイフとは?

簡単に言えば、刃が細く先が尖った包丁です。通常、骨抜き包丁の長さは12~17cmです。刃が細くなっているのは、脱骨をより正確に、より簡単に行えるようにするためです。他の包丁は刃が厚いです。

一般的に、豚肉や牛肉の骨抜きには固い骨抜きナイフが理想的です。一方、柔軟な骨抜きナイフは、魚や家禽の骨抜きに最適です。ブレードは、結合組織と靭帯を切断して骨から肉を効果的に除去するのに最適な設計になっています。

骨抜きナイフは非常に鋭利でなければならず、その鋭さを長く維持したい場合は、刃が丈夫でなければならないことに注意するのは興味深いことです。鈍い刃は骨から肉をスライスしません。代わりに、それはそれを引き裂き、料理やプレゼンテーションに影響を与えます.切れ味の悪い骨抜きナイフのもう 1 つの欠点は、肉を突き破るためにより多くの力を加えることです。これにより、骨抜きナイフのコントロールを失う可能性があり、非常に危険です。

何に使うの?

骨抜きナイフの使い方を知りたい場合は、家庭での使い方がいくつかあることに注意してください。

· 肉の準備

最初の用途は肉の下ごしらえです。これは骨抜きナイフの主な用途です。料理用の肉を準備する場合は、骨抜きナイフが便利です。刃のデザインと柔軟性により、肉を簡単に切ることができます。また、先端が尖っているため、関節が折れやすくなっています。たとえば、鶏肉を割っている場合、骨抜きナイフを使用すると、さまざまなカットを行うことができます。ナイフを使用して、肉の皮や脂肪をはがすこともできます。下の肉を切り刻むことなく、脂肪と皮をむくのに十分な柔軟性があります。

· 果物の準備

果物を調理する場合は、骨抜きナイフも使用できます。良い結果を生み出すのに役立ちます。果物の外皮むきを可能にする大きさと形状の包丁です。たとえば、パイナップルの皮をむく場合は、骨抜きナイフが便利です。あまり下に行かずに外側の層を取り除くのに役立ちます.さらに、準備後に果物を魅力的に見せたい場合は、骨抜きナイフが理想的なツールです。間違ったナイフを使用すると、パイナップルの多くを削ってしまう可能性があります。果物を無駄にしてしまいます。したがって、このナイフを果物の下ごしらえに使うのは素晴らしいアイデアです。

· 焼き物を彫る

焼きたての食品をさまざまな形や大きさに切り分けたい場合は、骨抜きナイフを頼りにすることができます。薄い刃は、正確なカットを行うのに役立ちます。また、ケーキの縁の形を整えたり、レイヤーを均一にしたり、ケーキにさまざまな形を与えたりするためにも使用できます.焼いているケーキの種類に関係なく、骨抜きナイフは、ケーキの形を整え、縁を研ぐのに重要な役割を果たします。

骨抜きナイフとフィレナイフ

脱骨ナイフとフィレ ナイフには、特に形状とサイズの点で類似した特徴がありますが、大きな違いがあります。両方のナイフを十分に理解して、それらを最大限に活用することが不可欠です。

· 目的

最初の違いは、それぞれの目的に関係しています。骨抜きナイフの使い方がわかったので、骨から肉をスライスするときに必要だとわかりました。結合組織、筋肉、脂肪を切断する必要がある場合は、骨抜きナイフが必要です。要するに、それは要求の厳しい仕事のためのナイフです.ただし、フィレ ナイフは骨抜きナイフのような難しい仕事はしません。魚の皮と骨から肉を切るときは、魚の切り身が効果的です。各ナイフから最適な結果を得るには、それらを共通の目的で使用していることを確認してください

· ブレードの重量

よく見ると、骨抜き包丁とヒレ包丁では重量に違いがあることがわかります。骨抜きナイフはフィレナイフより重いです。また、フィレ ナイフの刃は骨抜きナイフの刃よりも薄いです。

· ブレードの柔軟性と剛性

骨抜きナイフはより剛性が高く、フィレ ナイフはより柔軟であることが知られています。両方の柔軟性と剛性には理由があります。骨抜きナイフは、骨から肉を取り除くことができるように剛性の高い構造になっています。結合組織を貫通するのは困難です。したがって、ナイフは意図した作業を行うのに十分な剛性が必要です.一方、フィレナイフは、魚と皮の間を正確にカットするために柔軟でなければなりません.デリケートな肉用に設計されているため、ブレードは作業に十分柔軟でなければなりません。

· 刃のデザイン

ブレードのデザインにも大きな違いがあります。骨抜きナイフの場合、刃が鋭い先端までまっすぐになっていることがわかります。これは、肉を突き刺しやすくするためです。フィレナイフはそうではありません。フィレ ナイフの刃が湾曲していることに気付くでしょう。このデザインは、魚をフィレするのに最適な形状です。

骨抜きナイフの選び方

骨抜きナイフを選ぶ際に考慮すべき要素があります。理想的な包丁は、準備する肉によって異なります。骨抜きナイフを選ぶ際の注意点は次のとおりです。

· ブレードのデザインと素材

ボーンナイフを選ぶ際に気をつけなければならないことの 1 つは、刃のデザインと素材です。魚から骨を分離できるものが必要な場合は、湾曲した刃を使用する必要があります.カーブにより、肉から骨と皮を簡単かつ効果的に分離できます。繊細な肉を調理する場合は、湾曲した刃を選択する必要があります。一方、硬い肉を調理する場合は、刃がまっすぐな骨抜き包丁を選択する必要があります。刃の材質はステンレスを検討。

· ハンドル

骨抜きナイフを選ぶときに重要なもう 1 つの側面は、ハンドルです。ハンドルには大きな意味があります。本質的に、手に快適なハンドルを備えた骨抜きナイフを選ぶ必要があります。また、ハンドルはしっかりと握れるものを選んでください。しっかりと握ることで、タスクをうまく実行できるようになり、良い結果が得られます。柄の良いナイフがあれば、そのポテンシャルを最大限に発揮できます。

ハンドルの素材も考慮する必要があります。木製のハンドルを選択すると、魅力的な骨抜きナイフになります。ただし、木材は脆いため、ハンドルの寿命は短くなります。長持ちするハンドルが必要な場合は、合成素材を使用できます。合成素材は、快適さ、耐久性、魅力を提供します。

· 剛性と柔軟性のレベル

骨抜きナイフの剛性と柔軟性のレベルは、下ごしらえする肉の柔らかさによって異なります。柔らかい肉を調理する場合は、刃が柔軟な骨抜きナイフが必要です。ただし、硬い肉を準備する場合は、刃の硬い骨抜きナイフを使用する必要があります。

· コスト

骨抜きナイフのコストも考慮する必要があります。異なるブランドは、ナイフの価格が異なります。買い物に行くと、高価なものもあれば手頃な価格のものもあります。もちろん、コストは品質と密接に関連しています。ご予算に応じて、お客様のニーズに最適な方法で骨抜きナイフをお選びいただけます

骨抜きナイフの使い方

骨抜きナイフを最大限に活用するには、上手に使用する必要があります。あなたがプロのシェフであろうと一般的な料理人であろうと、包丁の上手な使い方を学ぶことは不可欠です.これにより、その能力を最大限に発揮できるようになります。

最初に知っておくべきことは、ナイフは利き手で持つべきだということです。ナイフをしっかりと握るには、中指、薬指、親指をハンドルに置きます。人差し指はブレードにしっかりと置いてください。これの目的は、ナイフの動きをできるだけ安定させることです。タスクを効果的に実行するには、動きが安定している必要があります。

脱骨ナイフを使用する際のもう 1 つの重要なポイントは、安全性です。このナイフを使うときはいつも気をつけていれば助かります。柔らかい肉でも固い肉でも、細心の注意を払ってください。

骨抜きナイフのお手入れ方法

骨抜きナイフの使い方がわかったので、掃除も欠かせません。肉を下ごしらえした包丁には汚れがたまっているので、清潔に保つ必要があります。他の包丁と同様に、使用後すぐに骨抜きナイフをきれいにし、乾いた状態に保つ必要があります。ほとんどの包丁は錆びにくいステンレス鋼で作られていますが、乾燥には注意が必要です。骨抜き包丁の柄が木製の場合、よく乾かさないと水分を吸収して反りや割れが発生する可能性が高くなります。

骨抜きナイフを掃除するときの良いアドバイスは、刃が自分の方を向いていないことを確認することです。明らかな理由から、それはあなたの体から離れているはずです。これは怪我を避けるためです。刃が鋭いので、気をつけないと皮膚を切ってしまう恐れがあります。また、手から滑り落ちて怪我をする可能性があるため、あまり速くこすらないでください。けがをするリスクを減らすために、ナイフをカウンターの上に置いて、一度に洗い流すことができます。

ナイフに食べ物がこびりついている場合は、数分間水に浸すのが最善の方法です。これにより、掃除が簡単になります。ナイフを 2 分以上浸さないでください。 2 分以上浸すと、ナイフが錆びる危険があります。

骨抜きナイフの研ぎ方

骨抜きナイフを研ぐことは、それが長期間有効であり続けるのに役立つため、非常に重要です.包丁は使い続けるほど鈍くなっていきます。このため、必要に応じて研ぎ澄ますことができるように、常に監視する必要があります。骨抜きナイフを研ぐ際の手順は次のとおりです。

· タスクの砥石を手に入れる

砥石をセットして使用し、刃を研ぎます。砥石とは、砥石を研ぐために使用される異なる砥粒を持つ石です。骨抜きナイフの場合、切れ味を良くするには細かな砂が必要です。

· ナイフを砥石の上に置く

次のステップは、包丁を砥石の上に置くことです。最良の結果を得るプロセスでは、ナイフを配置する最適な角度は、砥石に対して 12 ~ 20 度の角度です。

· 左右に研ぐ

最良の結果を得るには、片側から反対側に向かって研いでください。一度に片面を研ぐことの利点は、角度をより適切に制御できることです。スイープ動作は、ブレードの輪郭に沿うのが理想的です。

· ナイフをすすぐ

研ぎが終わったら、必ず包丁をすすいでください。通常、研ぎ工程の結果として金属粉が蓄積します。この粉は、洗い流さないとすぐに食品に混入する可能性があります。

骨抜きナイフには複数の用途があり、キッチンで価値のあるツールになっています。それをうまく使う方法を知ることは、あなたのキッチンタスクを成功させるためのプラスです.適切に使用し、適切なメンテナンスを行って手入れをすれば、最大限に活用できます。

.
Imarku knife guides

Lascia un commento

キッチンでの骨抜きナイフの主な用途

Table of contents

キッチンでの骨抜きナイフの主な用途

About imarku

Most of imarku knives are best sellers in USA online store for 7 years. We offer best quality, economic price, and best customer services.

Cook Better! Live Better! Our warehouses located in US, Germany, Japan and China to meet requirement of worldwide shipping.

imarku Best Seller

14 ピース ステンレス鋼調理器具セット |打たれたデザイン |イマーク14-Piece Stainless Steel Cookware Sets | imarku - IMARKU
14 ピース ステンレス鋼調理器具セット |打たれたデザイン |イマーク
Prezzo scontato¥88,300 Prezzo¥103,000
Ne rimangono ancora 3
11-Piece Kitchen Knife Block Set - iMarku ® - iMarku ®ブロックとまな板付きナイフ 11 点セット |イマーク
ブロックとまな板付きナイフ 11 点セット |イマーク
Prezzo scontato¥26,500 Prezzo¥39,800
Ne rimangono ancora 6