Full Tang vs Half Tang

高品質の包丁を探し始めたばかりなら、「唐」という言葉に出くわしたに違いありません。それは、サポートを提供するためにハンドルまで伸びるスチールブレードの部分を指します.製品コストの重要な要素であること – ナイフは完全または部分的なタングにすることができます.この投稿では、価値のある投資を行うために、フル タングとハーフ タングについて説明します。

この 2 つを比較してみましょう。

フルタングナイフ

フル タング ナイフには、先端からグリップまで伸びる刃があります。通常、ハンドルはリベットを使用して 2 枚のプラスチックまたは木材で挟みます。ほとんどのフル タング ナイフでは、刃の周りに固体の金属が見られます。ただし、ハンドルにブレードが表示されないタングがいくつかあります。

ほとんどのメーカーは、ナイフがフルタングかどうかを明言しませんが、判断するのは難しくありません。ブレードハンドルジョイントを弱めずにファイアスチールの打撃やバトニングにナイフを使用する場合、それは完全なタングです.

重量とバランスに焦点を当てたフルタング

フルタングはナイフ全体の重量を増加させ、バランスを確保します。それがないと、ナイフは前部を下に引っ張ることができます.バランスが崩れて疲労の原因になります。

フルタングを使用すると、重量がブレードに均等に分散され、バランスが良くなります。また、このようなナイフはハンドルが重いため、密度の高い食品を切るときにあまり力を入れません。サバイバル用のナイフをお探しなら、フルタングが最適です。それを回避する方法はありません。

ハンドルの上部を通る細い線が見える場合は、フル タング ナイフを持っている可能性があります。

どうやって作るの?

このナイフは、先端からハンドルまでしっかりとした金属片で作られています。ハンドルは 2 枚の木製スラブでできており、両側でリベットで固定されています。場合によっては、さらに補強するために金属棒が使用されます。タングがハンドルの大きな部分を占めるため、ナイフはより重い切断やチョッピングに耐えることができます.

用途

このナイフは、レバー、チョッピング、バトニングなどのアウトドア活動に適しています。

長所

てこの力が向上します – ナイフは重量を均等に伸ばします。ナイフを頻繁に使用する場合は、フルタングに集中する必要があります。ハンドルの余分な重量がブレードの重量を相殺し、機敏なツールになります。

優れた強度を提供します – 単一の金属がナイフの全長を通過すると、曲がることはありません.また、どんな条件下でもパフォーマンスを発揮します。

より多くの力がブレードにかかるため、ハンドルが壊れる可能性は最小限に抑えられます。

短所

重い – フルタングは、ナイフの重量が増えることを意味します。しかし、技術の進歩に伴い、金属加工が改善され、ナイフはかつてほど重くなくなりました。

余分なメンテナンスが必要です - タングを定期的に使用すると、ナイフが腐食する可能性があります。これは、クリーニングに特別な注意が必要であることを意味します。

半唐ナイフ

これらは刃がハンドルを貫通するナイフです。それらは、スナップや破損に対して脆弱です。しかし、ナイフ メーカーは、タグの構造を変えることでこの問題に対処しています。

柄の長さが違うので、刃より極端に細い尻尾はナイフを弱めます。タングにも溝を付けることができ、ハンドルの内側によりしっかりと固定されます。ほとんどのナイフは、タングが止まったところでハンドルがブレードから分離するため、失敗します。このタイプの製造にはいくつかの利点があります。

どうやって作るの?

ハンドルにハーフタングを取り付ける方法はたくさんあります。1 つの方法は、グリップの素材にドリルで穴を開け、タングを埋めるように成形することです。次に、1 つまたは複数のピン/リベットを設定できます。

もう 1 つの方法は、グリップを (縦方向に) 半分に分割し、その半分をタングとリベットに配置することです。

より一般的になりつつある 3 つ目の方法は、リベットを使用せずにエポキシの強度を利用してハンドルを保持することです。ただし、穴を開けてグリップをロックすることで、タングの側面にノッチを付けることができます。

タグはコストの問題であることに注意してください。装飾用の軽量ブレードがいくつかあります。

用途

刃が折れる心配がなければ、ハーフタングが適しています。もちろん、これは頻繁に交換してもかまわないことを意味します。このナイフは、柔らかいハーブや玉ねぎの袋を疲労なくスライスしたいシェフに適しています.このようなナイフは外力に耐えるように設計されていないため、スイカなどを切るのに最適なオプションではありません.

長所

ハーフタンには多くの批判がありますが、信頼できる利点もあります。

軽量なので、ハンドルに使用できる力の量が制限されます。使用する素材が少ないため、持ち運びや日常使いに便利です。

ハーフ タングは湿気を完全に遮断し、グリップの膨張を防ぎます。

予算が限られている場合は、半分の唐が確実な賭けです。

短所

ハーフ タング ナイフはフル タング ナイフほど強くありません。言うまでもなく、サバイバル、彫刻、またはナイフに負担をかける可能性のある作業には使用できません.そして、壊れたりずれたりする可能性が高くなります。

一部のナイフは、ハンドルを追加することでこれを補い、フルタングのように感じさせます.

どっちがいい?

この非常に主観的な質問に対する明確な答えはありません。どのようにナイフを使用するかによって、最適なタングは異なります。 野菜や豆腐を刻むときは、十分な辛さは必要ないと主張する人もいます。しかし、繰り返しになりますが、タフな仕事をするためのナイフを探しているなら、ハーフタングは最適ではないかもしれません.多くの場合、半唐は安くなりますが、長期的にはより多くを費やす準備ができている必要があります.

ナイフを購入する前に、その長所と機能を知るために、タングの種類を知っておく必要があります。なんらかの理由でナイフを購入した場合、タングの種類がわからない場合は、メーカーの Web サイトを参照してください。

キャンプ ナイフが必要な場合は、フル タング ナイフに投資する必要があります。しかし、家でいくつかのことをするためにナイフが必要な場合は、より軽いハーフタングナイフが最適です.

.
Imarku knife guides

コメントを残す

フル唐 vs 半唐

Table of contents

フル唐 vs 半唐

imarku Flash Sale

ブロック付きナイフ14点セット |食器洗い機対応 |イマークブロック付きナイフ14点セット |食器洗い機対応 |イマーク
ブロック付きナイフ14点セット |食器洗い機対応 |イマーク
セールスプライス$164.00 通常価格$356.00
焦げ付き防止調理器具16点セット |イマーク焦げ付き防止調理器具16点セット |イマーク
焦げ付き防止調理器具16点セット |イマーク
セールスプライス$274.00 通常価格$410.00

About imarku

Most of imarku knives are best sellers in USA online store for 7 years. We offer best quality, economic price, and best customer services.

Cook Better! Live Better! Our warehouses located in US, Germany, Japan and China to meet requirement of worldwide shipping.