使用説明書

I )より良い経験を得るために、異なるナイフは異なる食品に適用されるため、正しいタイプのナイフを選択してください.

2) ナイフで骨を切らないでください (包丁を除く)。半冷凍食品や冷凍食品を突いたり、こじ開けたり、分けたり、切ったりするためにナイフを使用しないでください。

3)すべてのナイフは、一般的なツール (ドライバーなど) として使用できません。ナイフは高温の表面 (ストーブなど) に置くことはできません。プレミアムナイフは正しい使い方でご使用ください。

日常のメンテナンス

I )包丁を食器洗い機に入れることはお勧めしません。 (一体型ステンレス包丁を除く)

2) ナイフの刃を使って食べ物を勢いよく刻んではいけません。

3) 適時にきれいにし、きれいなタオルで拭いてから、換気の良い場所に置いてください。

4) ブレードにトマトソースやレモン汁などの酸性または苛性汁を近づけないでください。

ナイフの各セクションの説明

      1) ナイフの中央部分は、ほとんどの食材を扱うのに適しています.

      2) ナイフの前部は、玉ねぎやにんにくなどの軽い材料を扱うのに適しています。

      3) 包丁の後ろの部分は小骨を切り刻むように設計されています。

      4) 硬い食材の取り扱いに適しています。

          imarku kitchen knife

          研ぎ鋼の使い方

          how to use knife sharpening steel

          警告

          • 子供の手の届かない場所に保管してください。
          • 鋭利なカッター エッジに注意し、直接手で触れないようにします。
          • やみくもにナイフに手を伸ばすな。
          • 落ちるナイフを捕まえようとしないこと。
          • 切れ味の良い包丁は別に洗ってください。
          • 引き出しにナイフをばらばらに保管しないでください。
          • 正しいまな板または表面を使用してください。

          ニュースレター

          定期購入して、特別オファー、無料プレゼント、一生に一度のお得な情報を手に入れましょう。