Stainless Steel vs Nonstick Cookware: Which one do you actually need?

新しい調理器具を購入する際には、考慮すべき要素がたくさんありますが、ステンレス製か焦げ付き防止の調理器具を選ぶことが最も重要な選択です。もちろん、答えは自分の興味と最も頻繁に準備する食事にあります。ここで問題は、どちらが必要かをどのように決定するかということです。

ほとんどの場合、決定を下す前に両方の選択肢の長所と短所を知っておくと役立ちます。次に、2 種類の調理器具を評価する必要があります。 焦げ付き防止の調理器具とステンレス鋼、どちらがあなたのキッチンでうまく機能しますか?

stainless steel cookware

ステンレス製調理器具について知っておくべきことすべて

コーティングされていないステンレス製のフライパンは、家庭用キッチンと業務用キッチンの両方の原動力です。ほとんどの場合、熱が均等に拡散するのに役立つアルミニウムまたは銅のコアがあります。コアはステンレス鋼で覆われており、反応しません。

底が重い鍋は、底が軽い鍋よりも速く均一に加熱されます。ホットスポットの影響を受けやすく、寿命が短いのは、薄くて軽い鍋です。さらに、オーブンで使用できるハンドル付きのオーブン対応のステンレス鋼製の鍋が必要です。ベーキングは雑用が少なくなり、より多くのオプションがあります。

長所

  • 食器洗い機を使用しても、ステンレス鋼の調理器具に害はありません。
  • ステンレス鋼はより長持ちし、時間の経過とともに摩耗するコーティングがありません。
  • 肉を焦がしたり焦がしたりするのにとてもよく効きます。
  • 揚げ物に最適。
  • オーブンでの高温に耐えることができます.
  • 適切に油を塗って加熱すると、非粘着性を実現できます。
  • 先のとがった金属製のカトラリーと一緒に使用すると安全です。
  • 非常に長持ちし、生涯続くことができます.

短所

  • 正しく加熱し、注油する必要があります。
  • 場合によっては、汚れや汚れの蓄積を取り除くのが難しいことがあります.
  • くっついたり焦げたりしないように、調理中はより注意深く監視する必要があります。
  • スクランブルエッグ、柔らかい魚、パンケーキなど、くっつくタイプの食品との使用はお勧めしません.
  • くっつかない他の選択肢よりも高価かもしれません.

ベスト ステンレス調理器具セット

Stainless steel cookware set

imarku 14ピース ステンレススチール調理器具セット ハンマーデザイン

デザインが良いのでステンレスセットが欲しい方はこちらをオススメする方が多いです。ステンレス製のスキレットとソースパンのハンマーのような質感は、厚さ 2.5 ミリの 3 層のフルクラッド スチール デザインが特徴です。この設計により、使用中にセットの形状が変化せず、長年使用できます。耐腐食性ステンレス鋼にはコーティングがないため、ソテー、トースト、グリル、再加熱中に保護層が剥がれたり、食品を汚染したり、風味が変わったりする心配がありません。

non stick pots and pans

Non Sについて知っておくべきことすべてtick 鍋とフライパン

ノンスティック パンには、PFOA を含まないセラミック、PTFE、テフロンなどのノンスティック物質でコーティングされたアルミニウムの芯が含まれています。ステンレス製の鍋と同じように、調理面全体に均一に熱を分散させるために、より重くて厚い底が必要です。さらに、ハンドルはオーブンで使用できるものにする必要があります。

フライパンに焦げ付き防止コーティングが施されている場合は、耐えられる最高温度 (通常は華氏 400 度前後) を確認し、それ以上加熱しないようにします。鍋を傷める可能性があり、高温で調理すると食品の準備が損なわれる可能性があります

長所

  • ノンスティック調理器具で魚、オムレツ、豆腐などの柔らかい料理を上手に調理するのは簡単です.
  • ステンレス鋼よりもリーズナブルな価格です。
  • ステンレス製の調理器具に比べて、お手入れが簡単で使いやすいです。
  • 料理を始めたばかりのシェフは、このオプションを選択する必要があります。

短所

  • コーティングは摩耗や欠けに弱く、ステンレス鋼よりも頑丈ではありません。
  • とがった道具や鋼の道具は使えません。焦げ付き防止の調理器具で使用するのに最適な器具は、シリコン製です。
  • 焦げ付き防止コーティングを保護するには、適切な保管、利用、定期的な清掃が必要です。
  • 極度の熱によって破壊される可能性があり、オーブンでの使用が常に安全であるとは限りません.弱火~中火で焼くのが一番美味しいです。
  • 永遠に続くわけではありません。コーティングは保護特性を失い、役に立たなくなります。

best non stick pots and pans

最高のノンスティック鍋とフライパン

imarku テフロン加工の調理器具 16 点セット

ステンレス製の調理器具セットをお探しの場合、このセット を強くお勧めします。調理器具セットの部品には、高温のダイカストが使用されています。

これにより、鍋の本体がより頑丈になり、均一な加熱抵抗と変形抵抗が確保されます。ハンドルは柔らかいゴムでできているため、涼しさを維持し、完全なコントロールを提供しながら、ユーザーはリラックスして快適なグリップを維持できるため、火傷を防ぐことができます。

ステンレス鋼と焦げ付き防止調理器具の違いは?

ほとんどの焦げ付き防止調理器具セットはアルミニウム製で、急速な熱伝導が可能です。一方、焦げ付き防止の表面は調理を簡単にし、素早い片付けを容易にします。時間を大切にする経験の浅いシェフに最適です。

コンロとオーブンの両方で使用できるフライパンに最適な素材は、高温に耐えられるステンレス鋼です。簡単な片付けがより重要な場合は、焦げ付き防止の調理器具を選択することをお勧めします。

when to use stainless vs. non stick

ステンレスとノンスティックの使い分け

テフロン加工の調理器具は、中火から弱火で調理できる卵焼きオムレツ、パンケーキ、ワッフル、非常に柔らかい魚などのデリケートな食品を調理する場合に最適です。焦げ付き防止のフライパンで食べ物を焼かないでください。

十分な熱と脂肪を使用すると、ほとんどの食品がフライパンにくっつくことはありません。なぜなら、パンの底から出てくるクラストができてカリカリになるからです。ただし、ステンレス鋼の調理器具は、他のタイプの調理器具よりも掃除が難しい場合があります。それにもかかわらず、ステンレス鋼の調理器具はほとんどすべての食品を調理できるため、いつでも使用できます。

おすすめの読み物: ステンレス鋼とアルミニウムの調理器具: どちらが健康に良いか

結論

焦げ付き防止の調理器具とステンレス製の調理器具を選ぶ際に覚えておくべき最も重要なことは、それらを自分に合ったものにできるということです。しかし、そのためには、作る料理に適した鍋を使用する必要があります。適切な道具を使えば、より上手に調理する方法を学ぶだけでなく、道具を長持ちさせることもできます.

.
Imarku cookware guide

Lascia un commento

ステンレス鋼 vs 焦げ付き防止調理器具: 実際に必要なのはどちらですか?

Table of contents

ステンレス鋼 vs 焦げ付き防止調理器具: 実際に必要なのはどちらですか?

About imarku

Most of imarku knives are best sellers in USA online store for 7 years. We offer best quality, economic price, and best customer services.

Cook Better! Live Better! Our warehouses located in US, Germany, Japan and China to meet requirement of worldwide shipping.

imarku Best Seller

14 ピース ステンレス鋼調理器具セット |打たれたデザイン |イマーク14-Piece Stainless Steel Cookware Sets | imarku - IMARKU
14 ピース ステンレス鋼調理器具セット |打たれたデザイン |イマーク
Prezzo scontato¥87,500 Prezzo¥102,000
Ne rimangono ancora 5
ブロックとまな板付きナイフ 11 点セット |イマークブロックとまな板付きナイフ 11 点セット |イマーク
ブロックとまな板付きナイフ 11 点セット |イマーク
Prezzo scontato¥29,200 Prezzo¥39,400
Ne rimangono ancora 4